BIGよりもtotoがおすすめな理由

UPDATE 

スポーツくじBIGは、当せん金が最高3億円(キャリーオーバー時は6億円)となっており、また特別回においては最高12億円まで増額されることもありますので、多くの人は夢のあるBIGを選ぶ傾向にあります。

totoの当せん金である1億円と比較すると、BIGの当せん金は最低でも3億円以上はありますので、後者の方が宝くじとしては断然魅力があるように感じると思います。またサッカーの知識や予想も一切不要なので、一見すると手軽で、それでいて当せん金が高額なBIGに分があるように感じるでしょう。しかし、totoにはそれらを凌ぐほどのメリットやBIGよりも優れた点が幾つかありますので、それぞれの利点や違いについて詳しく解説していきます。

■組み合わせ
BIGを購入して、”0”(引き分け)の多さや順当(投票率の多い方が勝利)の少なさにガッカリした経験はありませんか?...そうなんです、BIGは自分で組み合わせを決めることが出来ず、運営側が発番するランダムな組み合わせを購入する形となっていますので、このような当せんの可能性が低そうな組み合わせを発番されることが多くあるのです。
当サイトのtoto分析ページでも解説しているように、引き分けや順当などの発生数は基本的に一定の範囲内に収まっていますので、その範囲外の組み合わせを購入するということは当せん確率を下げることになりますし、購入資金の無駄にも繋がっています。
totoなら、組み合わせを自由に決めることが出来ますので、引き分けや順当などの発生数を実態に合わせ、当せん確率をアップさせると共に無駄を削減することが可能です。
■当せん確率
BIGの当せん確率は約1/480万ですが、totoについては約1/160万となっていますので、後者の方が単純に3倍程度当たりやすくなっています。また、当せん金額1億円またはそれ以上の宝くじの中では、ジャンボ宝くじやLOTOを抑えて最も高い当せん確率となっていますので、約1/160万の高確率で1億円を狙えるとても効率の良い宝くじと言えます。
(当せん金は理論値です。また「当たるんですギガ」は購入単価が高額かつ2019年9月時点では開催実績が皆無のため除外しています。)
■購入単価
BIGは1口300円ですが、totoであれば1口100円で購入できますので、同じ購入資金であれば3倍相当分の口数まで購入可能ということになります。すなわち、購入口数に比例して当せん確率も3倍となることを意味しています。
■当せん頻度
BIGでは、1等当せん頻度が少なくキャリーオーバーとなることが多いのですが、totoでは、ほぼ毎回1口以上が当せんしていますので、totoは自分で組み合わせを選べて高確率な分とても当たりやすくなっています。逆にキャリーオーバーはあまり発生しないため、当せん金が増額されることは稀で、そこは当たりやすさとのトレードオフとなっています。
■サッカーの知識
一般的にBIGはサッカーの知識が不要で、totoは自分で予想する必要があるためサッカーの知識が必要と言われていますが、後者のtotoについても特に知識は必要ありません。totoであってもBIG同様にランダムな組み合わせで購入することが可能ですし、当サイトのような予想アプリや予想ソフトなどを使うことで、サッカーの知識がなくても誰でも簡単に購入可能となっています。

ここまでBIGよりも優れたtotoの利点や違いについて解説してきましたが、totoの方が圧倒的に有利な点はお分かりいただけたと思います。一生買い続けても当たる可能性が0に等しい3億円や6億円を目指すよりも、現実的に当たりそうな1億円を目指して、長期的にくじを購入し続ける方が賢明ではないでしょうか?いくら高額な当せん金でも、それが当たりにくくなっていれば意味がないのです。

totoはBIGよりも当選確率が3倍高く、同じ購入資金であれば3倍相当分の口数を購入出来ますので、これらが相まって最大で9倍程度の確率アップに相当していると言えます。
また、当サイトのtoto予想アプリを使用して成立頻度の高い組み合わせに絞り込むことにより、更なる当せん確率のアップも実現可能となりますので、この機会に「スポーツくじtoto+totomo予想アプリ」を検討してみてはいかがでしょうか。

※当せん金額はすべて理論値となっています。実際の当せん金額は、totoの売上金額により決定しますので掲載の金額を下回ることもございます。

  1. « 前の記事
    ワンタッチで簡単プリセット「おまかせ予想機能」が追加されました
  2. 次の記事 »
    理論当せん口数の分析結果を公開しました

↑ PAGE TOP