理論当せん口数の分析結果を公開しました

UPDATE 

これまでのくじ結果をもとに、実際の1等当せん口数別に理論当せん口数の詳細データを公開しました。本データを参考に理論当せん口数を絞り込むことにより、高額当せんを狙えると共に低額当せんとなる組み合わせを削減できますので、確率のアップにも繋がります。

詳しくは、「toto分析・設定例」の"当せん口数(理論値)"をご覧ください。

また、本データ分析により得られた最適な設定値を「おまかせ予想」機能にも追加しましたので、「おまかせ予想」ボタンをプッシュすれば"当せん口数(理論値)0~4口"がプリセットされます。是非ともお試しください。

日々ブラッシュアップされるtoto予想アプリを、これからもよろしくお願いします。

※理論当せん口数=総投票口数を200万口として、組み合わせの各投票率から算出した理論的な値です。実際の当せん口数とは異なりますが、この理論値が小さいほど当せん口数は少なく当せん金が高くなる傾向にあります。(総投票口数は平均値)

  1. « 前の記事
    BIGよりもtotoがおすすめな理由
  2. 次の記事 »
    引分け(0)が連続で並ぶ組み合わせの除外機能を追加しました

↑ PAGE TOP