totomoを使うメリット

totoオフィシャルとの違いなど詳しく解説

はじめに

totoオフィシャルの「Club toto」などでも、ランダムチャンスやランダム1000のような機能は用意されており、それらを使えば無作為な組合せでくじを購入することができるので、「totomo」の予想アプリを使うメリットはあまり感じないかも知れません。しかし、当サイトの予想アプリは、totoサッカーくじを細かく研究しながら開発しているため、Jリーグ/海外リーグの各種チームデータ(投票率、順位、チーム成績、対戦成績、得点など)を考慮した、オフィシャルのものとは全く異なる高精度なランダムセレクト方式を実現しています。

また、毎回およそ160万通りの全パターンをチェックしており、その中から条件通りの組合せのみを抽出させたり、全パターンを等分し確率通りに抽出させる「均等ランダム」の実現など、偏りの少ない安定した予想結果が得られる独自の仕組みが導入されています。

ここでは、totoオフィシャル「Club toto」との機能面の違いなどについて詳しく解説していきます。

ランダムセレクト方式の比較

  totomo Club toto
抽出方法(条件) 全パターンチェック ランダム
ランダム方式 無作為/均等 無作為
順当数 対応 -
引分け数 対応 -
固定(軸) 対応 対応
投票率 対応 対応
所属リーグ 対応 -
順位 対応 対応
順位差 対応 -
合計得点(直近) 対応 -
合計得点差(直近) 対応 -
チーム成績(直近) 対応 -
通算対戦成績 - 対応
通算対戦成績差 対応 -
波乱/やらかし予測 対応 -

上記の比較表を見ると、当サイト「totomo」の方がより多くの条件にて絞り込みが可能となっており、更に全パターンからの条件抽出や均等ランダムのような高度なオプション機能にも対応していますので、totoをランダムで予想・購入するなら「totomo」を使った方が圧倒的に確率アップにつながる可能性が高いのです。

およそ全160万通りの中から、ただ闇雲にランダムで組合せを選んでいてもtotoを当せんさせることは難しいでしょう。統計上、当せんが集中している条件というものは確実に存在していますので、予想アプリを使って各種条件を当せんの集中しているポイントに絞り込み、分母を削減していくことが当せんへの近道となります。

均等ランダムとは

ランダムタイプの違い

均等ランダムとは、購入口数に比例して確実に当せん確率がアップしていく、当サイトが独自に開発した新しい形のランダムセレクト方式です。

従来のランダム方式では、例えば1,000通りの中から10口分を選択する場合、無作為に10口を選んでいるだけでしたが、均等ランダム方式では全パターンを購入口数分「100通り×10ブロック」に均等分割し、各ブロック100通りの中から無作為に1口ずつ選択する方法をとっています。このような方法ですと、いずれかのブロックには必ず当せんに該当する組合せが含まれていますので、全パターンをカバーしつつ一定の確率に基づいて選択でき、購入口数を増やすと、それに比例して確実に確率アップさせることが可能となるのです。

確率論では、例えば「10/1,000」「1/100」はいずれも同じ「1/100」の確率と言われることが一般的ですが、厳密にはこれは誤りです。その理由としては両者の非購入分にあたる口数を比較すると「990:99」となっており、いくら購入口数の方を増やしても全体から見れば分母自体はほとんど減っていないことが分かりますので、分母の多い「10/1,000」は当せんしにくく、分母の少ない「1/100」の方が必然的に当せんしやすいと考えられるためです。

均等ランダムであれば、分母も含めて購入口数分で均等に分割しますので、確率に忠実なランダム抽出ができる画期的なサービスなのです。現在、このようなサービスが利用出来るサイトは「totomo」だけです。

↑ PAGE TOP