引分け(0)が連続で並ぶ組み合わせの除外機能を追加しました

UPDATE 

下記例のように、引分けである"0"の数字が連続で並ぶ組み合わせを除外できるようになりました。
"0"が並ぶ個数は「2~12」の範囲で選択でき、選択した個数以上が隣り合って並んだものが対象となります。

■組み合わせ例
1221100002112 (4個並び)
0112102220001 (3個並び)
1000212110002 (3個並び×2)

本アプリの引分け発生数の範囲絞り込み機能と組み合わせれば、より効率よく削減することが可能となりますので、toto予想アプリの新機能を使って予想してみましょう。

  1. « 前の記事
    理論当せん口数の分析結果を公開しました
  2. 次の記事 »
    2等保証および3等保証の削減機能を追加しました

↑ PAGE TOP